サプリメントのおすすめ!不足しがちな栄養素「ビタミンD」を取ろう

サプリメント 初心者向け 女性向け

今回は現代人に不足しがちな「ビタミンD」についてお話ししていきます。

この記事でわかること

  • ビタミンDについて理解できる
  • 免疫を高めるサプリメントを知ることができる

さあ皆さん、最近ちゃんと日に当たってますか?

最近は日本人の7~8割は不足していると言われている栄養素のビタミンDは日に当たることで体内でも合成可能な栄養素でもあるのです。

しかし、外出自粛などでますます日に当たる時間が少なくなる昨今でもビタミンDをお手軽に摂取するにはサプリメントで取ることが重要になってきます。

そこで常時10種類以上サプリメントを飲んでいる管理人が、お金を払ってでも摂取した方がいい栄養素「ビタミンD」の摂取による効果についてご紹介していきたいと思います!

YUYA
外での仕事が少ない日にも飲んでいるサプリメントだ!

美容に効果的なサプリメント【ビタミンD】


ビタミンDは骨形成を助ける働きがあることで知られていますが、細胞の増殖を助けることで肌のターンオーバーを促進して角質の少ない肌にしてくれる効果もあるのです。

ターンオーバーとは
古い皮膚が剥がれ、新しい皮膚に新陳代謝していくことです

それだけではなく、表皮細胞に存在する抗菌ペプチドという物質の合成を促していわゆる「肌バリア」の機能を守る働きもあるのです。

実際私もビタミンDのサプリメントは食後に摂取しているのですが肌の調子がよくなってニキビができることが以前よりも減ったように思います。

Kanae
シミやニキビの悩みが解決された事例もあるよ!

不足すると免疫力も低下する⁉

ビタミンDは免疫系にも関係が深い栄養素なので、不足すると体内に侵入したウイルスや細菌に対しての適切な免疫機能を発揮することができなくなってしまいます。

ビタミンDを摂取することで免疫機能が促進され風邪や感染症に罹るリスクを減らしてくれます

YUYA
最近の新型ウィルスでもランニングが推奨された理由にも含まれてるよ!

最近は感染症対策も各自でしっかりと行わなければならないので、サプリメントを飲むだけで対策でいるのはうれしいですね。

脳機能も維持できちゃうかも?


ビタミンDは認知機能にも関与している栄養素です。

ビタミンDを1年間摂取した人は短期記憶のスコアが高かったという研究もあります。

ずっと飲んでいると脳機能の維持にも役立つ可能性があります。

また、うつ病の予防にも効果があるという研究もあります。ビタミンDは脳のセロトニン受容に関与しているので、メンタルにも効果があるみたいですね。

結局ビタミンDってどのくらい摂取すればいいの?いつ飲めばいいの?

これまでの内容でビタミンDが様々な機能に関与していることはご理解いただけたかと思います。

どのくらい量を摂取すればいいのか?

あまりとりすぎるとよくないのか?

ということは気になるかと思います。

ビタミンDは1日当たりの目安

  • 基準は1,000~3,000IU
  • 上限4,000IU

IUっていう単位は脂溶性のビタミンとかによく用いられる単位なんですがこれについては長くなってしまうので割愛します。

普通はビタミンDサプリメントのよく見える位置に書いてあると思いますので参考にしていただければ。

そしてビタミンDの摂取のタイミングは食後が好ましいです。

ビタミンDは脂溶性ビタミンつまり油に馴染んで吸収されやすいので、オリーブオイルとかを使った料理を食べた後に摂取するのが最も効率がいいですね。

まとめ

日々忙しい生活を送る中で普段の食事や生活習慣の中では摂取できない栄養素がどうしてもあります。
そして、より健康を目指すならサプリメントは取った方がいいと私は思っております。

ビタミンDの効果をまとめ

  • 1.肌のターンオーバーを促進するので美容によい。
  • 2.免疫機能の促進でウイルスや細菌感染の対策になる。
  • 3.脳機能の維持やうつ病予防の効果あり。

1つのサプリメントでこれだけの効果が得られるのはお得ですね。

最後に、この記事を読んで少しでも健康になる人が増えたらいいなと願っております。