今からでも遅くない!筋トレを自宅で効率よくするにはグッズが最適!

筋トレ 自宅

今回は自宅で実践可能な筋トレグッズについて紹介していきます。

自宅で効果のある筋トレをしたいけれど、何をしたらいいの?と思う方は多いと思います。

「ジムに行きたいけれど時間がない。」

「自宅でしっかり鍛えたい」

そんな時は、自宅筋トレグッズを使えば自宅で誰でも簡単に効率良く鍛えることができます。

今回は、私が使ってみて良かった筋トレグッズをお伝えいたします!

Kanae
YUYAさんがトレーナーなので補足してもらいながら紹介しますね!

YUYA
Kanaeさんはトレーニングにかなりストイックだから経験値がすごいので参考にしてね笑

トレーニングチューブ


以前も紹介したトレーニングチューブですね。

自宅で簡単に、しかも安全に出来るので怪我のリスクが少ないグッズです。

YUYA
チューブトレーニングは終動負荷といって負荷をコントロールしやすいからリハビリでも使われているね

私が始めて購入した自宅トレーニンググッズも、トレーニングチューブでした。

ゴムチューブを使った筋トレ方法で、上半身・体幹・下半身など使い方次第で、鍛えられる部位が変わります。

これ1つでも、様々な部位を鍛えられるので少しメニューも紹介します。

肩のチューブトレーニング

肩のチューブトレーニングで鍛えたほうがいい部位

  • ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)
  • 三角筋(アウターマッスル)

これらは肩の怪我の予防だけでなく、肩こりの改善にも関与するのでオススメです。

YUYA
俺も棘上筋の怪我で悩まされたけどかなり痛いからスポーツやる人はオススメ!

下半身のチューブトレーニング

下半身は骨盤のケアに関与してきます。

メインは中臀筋で、腰痛や姿勢の改善につながります。

姿勢の改善は便秘の解消や代謝向上によるダイエット効果もあるのでオススメです

Kanae
女性ならやるべき部位の1つだね!

自宅トレーニングの定番!?ダンベル


ダンベルも使用していました。ダンベルは、チューブよりも、負荷が強いのでトレーニングの負荷としては大きくなってきます。

実際私は、大胸筋を鍛えることで少しバストアップしました。

使い方で、腹筋・お尻・太ももナド…他の箇所も鍛えることができます。

Kanae
最近ではダイアル式のダンベルもあるからご主人と割り勘で買って順番で使う方もいるみたい笑

腹筋ローラー

グリップを握りコロコロ転がすだけで、名前の通り腹筋を鍛えることができます。

体幹・腕・背中など上半身の筋肉も鍛えられます。

体幹を鍛えると、姿勢や骨盤のゆがみも改善することができます。

間違ったやり方をしてしまうと、腰を痛めることもあるので正しいやり方でしましょう。

YUYA
普段トレーニングしていない方には高負荷すぎるので無理は禁物!!

まとめ

今回は自宅で使える筋トレグッズを紹介していきました。

自宅での筋トレは手軽にできますし、天候などの言い訳が作りにくいので継続が容易です。

YUYA
トレーニングの一番の敵は自分のサボりたい欲求なのでまずは自宅トレーニングで自信をつけるのはありかも笑

もちろん無理せず、少しづつトレーニングを導入していきましょうね!